介護保険が利用できる介護施設

subpage01

介護保険が利用できる介護施設は介護療養型医療施設、老人保健施設、老人福祉施設の3つです。

介護療養型医療施設は長期療養が必要な人が入所する介護施設であり、他の施設と比べて医療面に特化したサービスが受けられるのが特徴です。
医師が常駐しているため、急な病変にも対応してもらうことができ、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションを受けることも可能です。



将来的には廃止される方針が示されており、新規参入はできないようになっています。

すごく便利な毎日新聞の新しい情報です。

老人保健施設は生活リハビリテーションを行うための施設です。

医師や看護師、理学療法士などのリハビリテーション専門職が勤務しており、日常生活動作を中心としたリハビリテーションを受けることができます。病院から直接自宅に帰ることが難しい要介護者が入所することが多く、施設でのリハビリテーションで元気になることで在宅復帰できる利用者もいます。
老人福祉施設は自宅での生活が難しい高齢者が介護を受けながら生活するための介護施設です。
そのため、入所期間に期限はなく要介護度などの条件を満たせば長く入所していることが可能です。

老人福祉施設は全国的に不足している状況であり、入所の順番待ちが発生している状況です。
そのため、重度な要介護度の認定を受けないと入所が難しい状況になっています。



部分的ではありますが、民間が運営する介護付き有料老人ホームでも介護保険が利用できます。


利用できるのは介護サービスに限られますが、利用者にとっては大きな負担軽減になります。