介護施設の種類について

subpage1

少子高齢化が進んでいることに伴い老人ホームなどの介護施設が増えている傾向にあります。
介護保険制度が制定される以前から、高齢者向けの老人ホームは存在しており従来は施設に入ることが老人ホームに入居すると言うのがイメージが一般的です。
現代の介護施設には、介護保険の被保険者が介護保険を利用して入居できる介護保険施設と介護保険がなくても年齢などの条件を満たしていれば入居できる施設があります。

介護保険施設の中でも、在宅型や入所型介護施設、地域密着型サービスに分かれ、さらに住居型には訪問介護や通所介護、通所リハビリセンターなどに分かれます。


入所型にも特別養護老人ホームや介護保険施設、指定介護療養型施設があります。

介護施設に関する有益な情報が満載です。

介護保険を利用せず入居できる施設には、有料老人ホームやケアハウスをはじめ、老人介護法による基準を満たした介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅と多種多彩です。

goo ニュースの専門技術を身につけましょう。

そして、地域密着型サービスには小規模多機能型居宅介護や認知症の方のためのグループホームなど入居者が選べないほど数多くの施設があります。

そのため、これから介護施設の利用を考えている要支援や要介護の認定を受けた高齢者とその家族は、要支援や要介護に応じた施設はもちろん、経済面なども考慮して最適な施設を選ぶことが重要です。



要介護度をはっきりと示している特別養護老人ホームなどの公的施設のほかは、入居対象者の条件などを事前にしっかりと確認することも大切なポイントです。

初心者向き福祉

subpage2

高齢者の介護負担は家族へのしかかりますが、その負担を少なくしてくれるサービスが介護施設です。施設へ高齢者を入所させれば、基本的に家族は介護から解放されます。...

next

最新考察

subpage3

介護施設には、民間運営と公的施設があります。民間運営の介護施設には、高齢者や要介護者を対象にした有料老人ホームをはじめサービス付き高齢者向け住宅やグループホームなど、公的施設は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、ケアハウスなどがあります。...

next

福祉関係の情報

subpage4

介護保険が利用できる介護施設は介護療養型医療施設、老人保健施設、老人福祉施設の3つです。介護療養型医療施設は長期療養が必要な人が入所する介護施設であり、他の施設と比べて医療面に特化したサービスが受けられるのが特徴です。...

next

皆が知りたい情報

subpage5

介護施設にはいくつかの種類があります。その種類と言うのは、介護施設そのものの特徴で分類されているほか、その運営もとによって分類されることもあります。...

next